交通広告の特徴

交通広告は、地域と生活に密着した広告媒体です。交通広告を用いた、エリアやターゲットを絞ったマーケティングは、反復効果が高く、また、低コストで行うことができます。

1:地域に根ざした広告

交通広告の特徴として、地域との強い結びつきがあります。交通機関の利用者、つまり地域とのつながりのある人に向けた効率的な訴求を行うことができます。

2:ターゲットを絞った広告

通勤利用客が多い路線、買い物利用の多い駅…時間帯ごと、路線ごと、駅ごと、それぞれに利用客の特徴があります。この特性を利用することで、ターゲットとする層に狙いを定めた広告展開が行えます。

3:行動・購買につながる広告

人々が外出先で出会う交通広告は、駅の周辺の施設にとっては、実際のマーケットのすぐ近くでの広告となります。そのため、広告を実際の行動(購買)につなげやすい媒体といえます。

4:低コストでできる広告

交通広告には様々な種類があります。また、看板広告などは長期間にわたって掲出されますので、低コストであっても、じわじわと地域の人々に浸透していくことができます。

5:多くの人に届く広告

大都市では、公共交通機関は人々の生活に欠かせない足となっており、その利用者は数千万人にものぼります。そのような交通機関に掲載され、多くの人の目にとまる交通広告は、マスメディアとしての性格ももっています。

6:馴染みを作る広告

公共交通機関の利用客の多くは、通勤・通学などの定期利用客です。長期間掲載され、繰り返し目・耳にする交通広告は、利用客の中に、地域と広告の結びつきを少しずつ形成していくことができます。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP