交通広告についての調査・統計データ

交通広告にはさまざまな特徴がありますが、そうした特徴は日々収集、更新される各種調査・統計データからも読み取ることができます。交通広告のご利用をご検討中の皆様にご覧いただきたいデータをピックアップしました。

交通広告の特徴についてのデータ

ユニット視認率

交通広告には、様々な媒体があります。それらの媒体に広告を掲載したとして、交通機関を利用している人々からはどの程度見られているのでしょうか。その指標の一つとなるのが、ユニット視認率(1回の利用で見たと答える人の割合)です。

ユニット視認率

若い層にアピールしやすい媒体

1週間のうちに電車の広告媒体に接触する割合は、男女15〜19歳では82.1%、男性20〜34歳では85.5%となっています。また、女性20〜34歳でも76.3%と、年齢が若いほど接触率が高くなっています。

交通広告調査レポート(1週間あたりの接触状況)

購買の直前に目にする媒体

平日、通勤通学などで電車を利用している人の85%以上が、往き、帰りとも、降車後にどこかの店舗を利用しています。また、この傾向は若い層ほど高くなっています。交通広告は、購買に近い時点で目にする広告です。

交通広告調査レポート(平日電車降車後の店舗利用状況)

スマートフォン利用と広告

スマートフォンなど携帯情報端末は、人々の駅や車内などでの行動をどのように変えているでしょうか。スマートフォンが普及しても交通広告が人々の目に触れていることが様々な調査で示されてきています。

交通広告調査レポート(電車でのスマートフォン利用と広告への接触)

駅/路線の利用者数

駅や路線などの利用者数は、各交通機関によって公表されています。また、定期利用者が多く、通勤/通学利用が多い路線や、近隣に学校があり、学生をターゲットにアピールしやすい駅などをピックアップすることも可能です。

東急電鉄の各駅1日あたりの平均乗降人数

京急電鉄の各駅1日あたりの平均乗降人数

東急バスの営業所ごとの1日平均乗車人数

お問い合わせはこちら

博広社からのお知らせ

PAGE TOP