効果的な使い方

交通広告をご利用いただく目的は、施設・商品のPRや、販売促進など様々です。また、交通広告媒体にも色々な種類があり、それぞれに特徴を持っています。交通広告では、限られた予算の中で、少ないコストでより高い効果を得ることができます。

新規開業(セール)を行うときの広告

新規開業、リニューアルオープンやセールなどを行う場合には、当日に合わせて告知を行っていきます。新聞の折込チラシや屋外看板に合わせて交通広告を使うことで、より集中的な告知を行うことができます。

新規開業/セールを行うときの広告について詳しく見る

施設の特徴に合わせた広告

施設、店舗の専門性が高い場合など、商圏が近隣地域だけではなく、交通網に沿って大きく広がっている場合があります。店舗や顧客の特徴に合わせて交通広告を行うことで高い集客効果が得られます。

施設の特徴に合わせた広告について詳しく見る

地域・商圏に浸透する広告

地域の中で知名度と信頼を得ていくうえで、長期的なスパンで場所と結びついて認知される交通広告が効果を発揮します。

地域・商圏に浸透する広告について詳しく見る

季節や地域イベントを活かした広告

季節感を取り入れた広告は情報の新しさを感じさせ、顧客の行動を刺激します。地域でのイベントを見逃さず利用することで集客につなげることができます。

季節や地域イベントを生かした広告について詳しく見る

チラシ広告をさらに活用するために

チラシ広告は、販売促進などに良く用いられる方法ですが、交通広告と組み合わせることでさらに効果を高めることができます。また、直接チラシを利用できる交通広告媒体もあります。

チラシ広告をさらに活用する

お問い合わせはこちら

PAGE TOP